天才シンガーソングライタークリエイターラッパーブロガーコンビニ店員のブログ

ショート・ローリングストーンでITUNES他で配信中!!

「躁」と「鬱」 さんまと中居 僕は人に嫌われたくない。

昨日は家にいて

ネットを見たり、ブログを書いたり

来未さんHyogoKurumi.Scribbleにブログの”ドメイン”の取り方を教えてもらっていたりした。

 

 

しかし

 

ドメインとは何ぞや?

 

 

 

栄養ドリンクの

 

それはリゲイン

 

 

 

アメリカの上院議員

 

それはマケイン

 

 

 

ベッキーのポジションにいたハーフタレントで

現在はフリーディアに改名して

ロサンゼルスでファッションデザイナーとして活動している

お父さんが電子レンジを発明したとか言っていた

 

 

 

 

 

こずえ鈴

 

ついでに鈴木蘭々も思い出し

 

 

 

そんな90年代のバラドルのことを考えていたら

突然、偏頭痛に襲われた。

左のこめかみあたりと

目の奥が痛くなってきた。

 

初めは風邪かな?と思って

とりあえず風邪薬を2、3粒飲んでみた。

しかし、こんな季節に風邪をひくのか?

確かに季節の変わり目ではあるが

ちゃんと布団を着て寝ていたし

睡眠時間もたっぷり。

 

最近は22時に寝て、朝6時に起きて

新聞を読むというおじいちゃんの

ような生活をしている。

ご飯も実家なのでちゃんと食べている。

 

そうか

パソコンのやりすぎか

手淫のしすぎか

どっちかだろうと思い

休憩して目薬を差してみたが

それも何か違う気がした。

 

 

思い返してみると前兆はあった。

頭痛が起きる前に

足が異様に冷たくなっていたのだ。

 

僕は元々めちゃくちゃ冷え性

夏だろうが冬だろうが

とにかく足が冷えているので

またそれが始まったかと思ってた。

 

 

前に冷え性の原因を調べようと思ってネットを見たら

そこには

 

・冷たいもの飲み過ぎ

・血流が悪い

・内臓が悪い

サエコが悪い

 

だとか書いてあった。

 

確かに僕は冷たい飲み物が好きだし

血流も内臓も元ダルビッシュも悪そうな気がするが

もっと決定的な理由があるような気がしたので

更に調べてみると

どうやら緊張したりすると

それを隠すために足だけに汗を掻くような

現象が起こる人がいるらしい。

それだ!と思った。

 

 

そこで偏頭痛の原因にも気付いた。

昨日から今日の朝にかけて

ツイッターとラインで複数の人と

会話していたのである。

 

しかも同時にドメインを取ろうとしていた。

世界に一つだけのドメインを。

グランドラインの遥か彼方先にあるかもわからないドメインを。

 

僕は複数の人と同時にコミュニケーションを

取るのが苦手だ。

そのくせに目立ちたがり屋でもあるので始末が悪い

という話を前にも書いたと思うが

どうやらネット上でもそうらしい。

 

複数の事を同時にやるのも苦手だ。

複数の事を「一つのこと」として

捉えて自分の中で自動化させればできる。

 

 

しかし、これを見た人が気を使って

「じゃあ連絡するのやめとこ」

と思われるのは更に嫌なのだ。

 

高校に行かなくなった時も

あまり気を使うようなタイプではない友達(こんなこと言うのも失礼だが)

が家から引っ張りだしてくれて

サッカーをしたりして楽しんでいた。

まぁ正直言うと居留守を使った時もあったが(笑)

 

そもそもツイッターも自分から発信しているし

ラインに関しても自分から送っている。

(元カノにフリースタイルダンジョンについてとか(笑))

 

 

僕は人に動揺や緊張しているところを

見せたくないというか

見せられないのだ。

本心を見せているように見せて

実は相手より深くまで見せないように

浅いところで、もう一人の自分が予防線を張っている。

 

 もしかしたら躁鬱病の人というのは

こういう気持ちなのかもしれないなと思った。

人に弱味を見せないように

コミュニケーション先を増やしていくのである。

 

複数人とのコミュニケーションが苦手だと書いたが

多数相手の方がピエロで居易いのだ。

だから自分からラインを送ったのかもしれない。

 

 

明石家さんまという人がいる。

よくネタで「病気じゃないか」と言われているが

たぶん医者が診断すれば本当に病気なのだろう。

あの人は恐らくテレビに出続けること、

他者が居ること、によって

テンションの高い「明石家さんま」で在り続けられるのだと思う。

 

さんまさんにも「鬱」の自分が居るのだろうし

それが本名の「杉本高文」かもしれないが

家族でも誰でも「他者」がいれば

明石家さんま」になれる(なってしまう)のではないだろうか。

 

さんまさんは自分の事を「寂しがりや」「お姉ちゃんが居ないと寝られない」とか

言っているが

一人になると「杉本高文」が顔を出して

「鬱」というか「弱さ」に食われてしまうのを

恐れているような気がする。

 

はっきり言って家族の前でも

明石家さんま」で居ようとする人に

結婚など向いているはずがない(笑)

っていうか女の子はそういうのが一番嫌いだ!僕の経験豊富な経験上。

 

SMAPの中居くんも似たような感じがする。

身近な人の前でも「中居正広」ではなくて

「ナカイくん」で居続けてしまうのだ。

 

私生活でもなんでもネタにするというのは

そういうことだ。

 

 

サブカル関係の人は「40歳過ぎると鬱になる」

と言われているらしいが

それも私生活をネタにしていているからだろう。

さんまさんや中居くんのようにタレントではないから

「他者」に出会わなくてもいいので

「鬱」な自分に食われてしまうのだと思う。

 

 

僕の話に戻る。

何故人に動揺や緊張を見せられないかというと

要は傷付きたくないのだ。

人を「笑わせる」事をしたいと思いながらも

自分の知り得ぬ所で「笑われる」のは恐いのだ。

 

「笑わせる」ことと

「笑われる」ことは

別だ、という人もいるが

僕は一緒だと思っている。

 

ただ自分の視界の範疇で「笑われる」ことを望んでいて

計算外の所で「笑われる」のは

「笑わせる」事に快感を覚えている人ほど傷付くのだと思う。

 

たぶん、さんまさんも中居くんもそうなんじゃないかな?

僕なんかとは「笑われる」ことを許容している

範囲が違い過ぎると思うが。

 

 

あと僕は人に、

 

怒っているところを見られたくない

 

ってのがある。

 

一回、コンビニでバイトしている時に

横柄な客に”怒ってみた”ことがある。

それを同僚に見られたが

それも計算の内ではあった気がする。

感情が湧き上がってきたというよりは

”怒ってみた”という感じだ。

次に横柄な客が来たら”怒ってみよう”と準備をしていた。

 

ライムスターの宇多丸さんが

「道端で知らない奴とケンカを始める人の気が知れない。相手がどんな奴でナイフを隠し持っているかもしれないのに」

とラジオで言っていたことがあったが

物凄く同意できた。

 

僕も

 

酔っ払って道端で寝る人の気が知れない。

 

「休日は自宅に友達を呼んでパーティー!!」とかやってる

道端三姉妹の気も知れない。

「リッツの上にキャビアを乗せるパーティー!!」をしている

沢口靖子の気も知れない。

 

関係ないが、よくアイドルやモデルのブログに

「展示会にお邪魔させてもらいました~(^^)/」

というのが出てくるが

「展示会」というのは

西尾市でいう所の「大晦日に寺に小中学生の習字を飾る」

あの催し物と同義であると捉えていいのだろうか?

 

 

f:id:syoto1988:20160603114836j:plain

 

いいとも!

(記事に画像がなかったので無理やり差し込んだ感は否めない)

 

 

そもそも僕は酒を飲めないし

酔っ払ったこともあるが

それは酔っ払ったフリだ。

バイト先の飲み会で酔っ払ったフリをしておっぱいを触った。(その後殴られたがいい思い出だ。また酔っ払ったフリをしたい。しかし、こんなことを書いてはおっぱいを触れないではないか。意識があったらただの痴漢行為ではないか。)

 

あとホームレス中は疲れまくっていたので割と改善されたが

人がいると先に寝られない。

彼女といても大体、後に寝て先に起きて

襲われないように準備をする(笑)

 「後に寝て先に起きる」というのは

昭和のいい奥さんではないか。

 

 

だから要するに僕は

 

人に嫌われるのが死ぬほど嫌なのだ。

人に嫌われるのを死ぬほど恐れている。

 

「みんなから好かれる人なんていないよ」

というのは最もな正論だが

 

僕はみんなから愛されたい!!

モテたい!!

 

今も足が冷たい!!

広告を非表示にする