ドット虚無

やばいやばいやばい

唯一聴いていたラジオ番組も聴かなくなった。

何もしないのと同時に何も取り入れなくなった。

虚無的。

 

打破するには自分で目標を作るか

危機的状況に追い込むしかない。

働かなければいけない。

働くというのは必ずしも世に言う”仕事”をすることではなく

働かなければいけない。

 

たぶんみんなが働いているのはお金のためではない。

「お金のため」ということにしているのだ。

そうして働かないと虚無しかない。

欲にまみれて無理矢理にでも目標を立てないと

目標は立たない。

 

お金がないことなんて実はどうでもいいが

貧乏なことをコンプレックスに思わないと

人は生きていけない。

だから手段としてのお金を半ば

目的まで逆転させることまでする。

 

東京に行って有名人になって年収1億稼いで

家を建てて愛人を囲って乙武さんみたいになりたい。

そうなるそうなるそうなる。

広告を非表示にする