BankBandの「こだま、ことだま」を聴く。

Bank Bandの「こだま、ことだま」という新曲を聴いた。

www.youtube.com

 

「carry on, carry out 僕は僕を奏で 夢を並べ君と響き合える」

 

素直に感動した。

「carry on, carry out」

というのは桜井さんの師匠のKANの愛は勝つのオマージュだろうか?(笑)

 

しかし桜井和寿という人はどうしてこうも

前向きな言葉を並べられるのだろうか。

前向きといっても彼は「信じれば叶う」みたいなことを言って

詞に対して無責任な奴とは違う。

 

勝者の立場からの目線ではないのだ。

ちゃんと夢の後先が必ずしもいいものではないことを知っている。

だからすごいし、どちかというと彼の方がおかしい。

リアルを見つめながら

ニヒルにもならない。

 

しかしそれこそが人間だったりする。

だからこそMr.childrenというバンドが普遍性をもって

長年愛されているのだろう。

彼は僕らの惨めな生活を知っている。

希望を歌いながら絶望を歌っている。

 

「こだま、ことだま」に関して言うと

くるりの「glory days」にテーマ的にもPVも似ている気がした。

 

www.youtube.com

くるりの岸田氏の”照れ”や意味があるのかないのかよくわからない

歌詞もそれはそれで好きだ。

日本のロックバンドとしての体裁を保ちつつ

壊していくチャレンジ精神もすごい。

 

というか歌うことに対して無責任になれない人は

照れて普通そっちの方に行くのだ。

桜井和寿はやっぱり異常だ。

照れない歌を僕も作りたい。

広告を非表示にする