いい加減、夏に期待するな。

こんばんは~痴女ファイルホストというサイトを

お気に入りにしている鈴木翔人です!

曲を作りました!聞いてみてくださし!

 

www.youtube.com

 

「フェス」と「ライブ」の違いとは

 

最近の音楽を聴いていると

ダンサーがいるバンドとかあったりして

とにかく”盛り上げること”に特化しているなと思う。

 

エグザイルだとかゴールデンボンバー

そういうもので受けていると感じる。

普通のバンドでも四つ打ち曲がブームと言われて久しいが

あれも盛り上がることに特化した結果だ。

 

思うにそれは「フェス」と「ライブ」の違いにもある。

ライブでもコンサートでもなく

フェスっていうと特別な意味が出てくる。

音楽だけではない楽しい空間

スミノフアイス飲んでインスタにアップしよ(^_-)-☆なんだそのイメージは)

夜はどうせセックスをする。(これは当たっている)

 

簡単に言うと「フェス」というのは観に行ってる自分が主役なのだ。

歌い手ではなく。

客とステージ上が限りなくボーダレスになっている。

 

前、ライムスター宇多丸が映画について同人化していると言っていて

僕もそれに付け足し

「観客が物語に期待していないからだ」いうことを書いたが

それと同じように

多くの人は音楽を聴いたからといって

どうにかなるとも思ってない。

メッセージとかうぜぇよって感じだと思う。

 

ならばせめてその場だけでも楽しませてくれよ

という理由でフェスは受けていると思う。

ディズニーランドとかに近いんだよ、たぶんね。

パレードみたいなもん。

 

これは女性的な感覚かもしれない。

サッカーの番組で見たんだけど

女の人というのはサッカー観戦などをするときに

その試合がつまらなかった時、退屈な一日だったと思うのが嫌で

いろいろと保険をかけるらしい。

だからグルメとかイケメンとか

試合以外も複合的に見て楽しいと思えればいいんだって。

 

へー。

 

そういえば前の彼女と映画を観に行ったとき

僕がその作品のダメな点を列挙すると

彼女は怒っていたことを思い出した。

「見て失敗したな」とか女性の前で言っては駄目なのだな。

わかったか童貞諸君!

 

よー、そこの若いの

 

あまり盛り上がることに特化した音楽ってのは

僕の好みじゃない。

まぁそんな前置きはいいとして

本能Zっていう番組でマキタスポーツが紹介していた

竹原ピストルの「よー、そこの若い」のに感動した。

 

www.youtube.com

「こんな自分のままじゃいけないって

頭を抱えているそんな自分のままでいけよ」

 

なーんだ俺の歌か。

 

竹原ピストルの存在も知っていたし

CMでチラッと聞いたこともあるけど

こんな歌だったとは。

てっきりCMのイメージもあって

エレカシ怒髪天のサラリーマン応援ソング的な奴だと思ってたんですが

弾き語りでフルで聴くと全然イメージが違った。

原曲のバージョンよりギター一本の方が僕は好きだなぁ。

 

「よー、そこの若いの俺の言うことを聞いてくれ。

俺も含め誰の言うことも聞くなよ。」

 

勿論歌詞もいいしメロディーもいいし歌もうまいけど

なんといっても竹原ピストルの歌うさま

熱量がすごかった。

 

歌ってこんぐらい熱量で歌わなきゃいけないのか。

キリンジみたいに朴訥と歌う人もいるので

それがすべてじゃないけど

僕にはとてもない。とてもできない。

とにかくすごかった。

 

好きな人がいること

 

全然嗜好が変わるけど最近気になっている曲として

西野カナの柔軟剤のCMの曲が結構好きです。

あとJYこと元KARAのジヨンちゃんの「好きな人がいること」

www.youtube.com

主題歌になってるドラマ全然見てねーんだけど

偶然テレビで見てネットでチェックしたら

ジヨンもかわいいし

歌もかわいいし

踊りもかわいい。

 

PVもかわいいなと思ったら蜷川さんでした。

蜷川実花ってすごいなやっぱり。

映像がエロいんだよね。

たぶん男はこういう風に撮れないんだよ。

エロいんだけど女が嫌わないエロさだし

ちゃんと「かわいい」ってのをやってくれるし。

このPV一発でジヨンに惚れた!

 

韓流アイドルで言うと僕は80年代っぽい曲の

Taraっていうグループが好きだったんだけど

Youtubeで見たら今はゴリゴリのEDMソングを歌っていた。

 

それで逆説的に気付いたんだけど

昔、韓流を聴いてた層の受け皿に

今はエグザイル系の人たちがなってるんじゃねーかな。

ヤンキー層というか。

今はエグザイルがゴリゴリのEDMをやってるし

キメキメのファッションも。

そういえばエグザイルは韓流アイドルブームだった4、5年前は

まだ歌モノのイメージが強かったかもしれない。

ブームが終わったからエグザイルが参入したのか

参入したから終わったのかはわからないけど。

 

 

そんなこんなで夏が終わりそうです。

夏だからといって何も起こらないので

夏に期待するのはいい加減やめましょう。敬具。

広告を非表示にする