読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天才シンガーソングライタークリエイターラッパーブロガーコンビニ店員のブログ

ショート・ローリングストーンでITUNES他で配信中!!

裸を売ることは後ろ暗くあれ!

最近、僕は坂口杏里ちゃんのことあかり考えている。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

AVデビューするな!

日本女性AVに出過ぎである。

出るな!

 

杏里ちゃんはホストに行き過ぎて

借金を返すためと言われているが

最近は単純に「名を売りたい」という感じの人も多い。

「私はここにいるわよ、見つけて!」という感じの。

 

これはAVが後ろ暗くなったからだ。

しかし僕は言いたい

裸を売ることなんてのは

後ろ暗くあるべきだと。

 

例えば元SKEの三上ユアなど

AVデビューしてからSKEの時より知名度も上がり

明らかに露出が増えてしまっている。

なんだったらテレビの露出も増えている。

 

こんなことはあってはいかん!

(前書いたけど芸人もAV男優みたいになってる)

 

なんでこんなことになるかというと

インターネットの登場によりすべてが相対化されたからだ。

 

すべてがフラットになると

見てもらうために過激さを競うようになるのだ。

ツイッターとかYoutubeで過激な事を

やってる人と一緒だ。

 

その証拠というか

僕が作った「アダルトビデオなんて出るなよ」って曲も

タイトルと桐谷美玲ちゃんの画像とおかげで

それだけ再生回数が多い。

 

バカッターとまではいかなくても

ツイッターやSNSなどは

何かを、誰かを、煽るような言葉ばかりである。

本人は意識していない場合も多いだろう。

今はクリックされりゃ金が入るし。

後は無責任でどうなろうが知ったこっちゃない。

 

見てもらうために

言葉がどんどん強くなっていく。

過激になっていく。

 

 

 

昔あった

ドローンで問題を起こした少年の事件なんかもそうだ。

少年にドローンと金だけ与えて

あとは視聴者が安全地帯から煽るような言葉を吐き

何か問題が起これば知らんぷり。

あまりに無責任である。

 

今、この世の中で

こんなことがしょっちゅう起きている。

 

 

テレビやレコード会社や

メインが力を持っていた時代は

オーディションがありそこに受かったものしか

発信できなかったわけだから

過激さを競う必要はなかった。

 

今やテレビに出ているタレントでさえ

ヤフーニュースに載るかどうかを

意識してコメントするようになった。

 

なんて世界だ!!

 

 

孤独でいいんだよ

寂しくていいんだよと

もっと言ってやるべきだ。

そういうものが全然全然足りない。

みんながやっていることをやる必要はないんだと

言ってやるべきだ。

 

僕はそういうことを発信するために有名人になりたい。

影響力のある人になりたい。

そのために僕がカッコよく孤独になればいいんだ。

要は忌野清志郎吉田拓郎になればいい。

 

家にこもってネットをしているのは別に孤独ではない。

自分のことを誰も知らないところで

舞台に立つのが孤独なのだ。

そんなことはわかっている。

孤独とはギャルをナンパすることだ。

f:id:syoto1988:20160914114019j:plain

広告を非表示にする