自分を好きになることが人に好かれる第一歩である。

「失うものがない奴ほど失うことを怖がっている」

 

ってホリエモンが言ってたよ。

なーんだ俺のことかよ。

ホントにそう。

ホントにそうだな。

 

これは東京ポッド許可局で言ってた

 

「売れてない芸人ほどプライドが高い」

 

ってのと一緒だな。

 

僕の多少の公園で寝た経験とかから言うと

いろんな事情はあれど

たぶんホームレスとかネカフェで寝てる人たちの方が

プライドが高いんだよ。

ニートとか引きこもりとかもそう。

 

ホームレスとかをバラエティで面白がったりしようとするけど

イマイチ面白くないのは

プライドが高いからなんだよな。

それはビッグダディがバラエティに出たときのつまらなさも似ている。

いいじゃん貧乏で。というのを売りにしてる人を見ても

人は面白くないのかもしれない。

 

 

しかし

よくよく考えてみれば

失うものがない奴は

余裕がないわけだから

失うことを怖がるのは当然と言えば当然である。

 

100万円持ってる奴と1000円しか持ってない奴の

100円の価値は違う。

 

女にモテる男は

他に女なんかいくらでもいると思えば

自分から告白できるし。

 

「ブスの方が性格が悪い」とよく言われるが

顔面がどうかというより

モテない奴が性格が悪いのじゃないか。

 

女の人は知らないかもしれないけど

モテない男の卑屈さったらないよ。

 

モテない→卑屈になる→モテない

 

の無限ループ。

 

ということは

やっぱり自虐みたいなことは

他人へのサービスとして言ってもいいけど

どっかで止めないとな。

 

自分で止めるんだよ。

自分で。

 

つまり

自分で自分を好きになることが

人に好かれる第一歩である。

 

じゃあ

自分のことを好きになるには

どうすりゃいいのよ?

 

人に必要とされるのが一番である。

 

つーことは結局

自分が変わるしかないんだよ。

 

今の自分を認めて

今あるものを慈しんで

今できることをやるしかない。

 

それには

相対化しないことだな。

 

何が出来るか出来ないかなんて

人にはわからない。

自分だけの目標を持って

自分だけの達成感を得る。

どんな小さなことでもいいから。

広告を非表示にする