2017年、選択肢を捨てて僕は頑張る。

昨日テレビで『カイジ』の映画がやってたので

今日またマンガの『カイジ』を読み直しました。

言葉が胸に刺さります。

 

劇中に

「人生は勝たなければいけない。勝てば人格さえ肯定される」

こんな感じのセリフが書いてあるんだよ。

 

f:id:syoto1988:20170104003652p:plain

 

あ~勝たなきゃだめだなと思う。やっぱね。

 

そっから福本信行さんのインタビューとか見始めて

「保留してないで可能性を捨てて決断しろ」

みたいなこと言っててね。

 

ホントその通りなんですよ!

結構ね、これは前から僕も思ってて

ネットっていうものを手に入れた瞬間に

物凄い可能性が増えてしまったんだよね。現代って。

 

だから結婚も出来ないし男女交際も出来なくなってくる。

何故なら「もっと自分に合った人がいるんではないか?」と

人は考えるから。

 

これは仕事とかあらゆる面においても一緒。

 

僕なんか家を借りるときとかバイトを探すときとか

めちゃめちゃネットで調べて思考し

どちらの方が得か熱考しちゃうんだよね。

『調べればわかること』が多すぎるんだよ。

 

得しなくてもそこであった偶然を楽しめればいいんだけど

やっぱりネットに情報が転がっている以上

他人と比べて損したくないっていう気持ちが強くなってくるしね。

デフレでお金の価値もすごい高まってるし。

 

「選択肢が多い」

ってのは必ずしもいいことばかりではないというか。

いや、結局は自分が決断できるかどうかなんで、いいことだとは思うけど

「捨てる強さ」も同時に持たなきゃいけないんだよね。

よくお店でも、商品の種類が多すぎると売れないとかいうよね。

あれも一緒。

 

因みに福本先生の「人生は勝たなきゃいけない」ってのは

僕らくらいのゆとり世代にとってはある種の拒否反応もあるんだけど

これはアイロニーなんだよね。

 

「勝ちたい」と思うってことに意味があるっていうか

そういうことを言うとまた慰めみたいになっちゃうんだけど

負けてもカイジみたいに地下送りにされるわけでも死ぬわけでもない

だったら勝負しろよ!ってこと。

負けても負けても張り続けろよ!ってこと。

負けを恐れて勝負しなかったら勝利はないんだから。

 

f:id:syoto1988:20170104003218j:plain

 

こういうことをいうとどっかの成功した社長みたいな感じで嫌なんだけど

まぁでもこういうことは時に自分に言い聞かせる必要があるなとは思う。

 

ということで2017年

SNSやブログはあまりやらなくなるかもしれない。

僕の場合他者への言い訳が

行動より先んじてそこに出てしまうことが多いから。

 

2017年は選択肢を捨てて僕は頑張ろうと思う。

こういうことは何度も思ったんで情けないんですが

また頑張ろうと思っています。

「次こそは勝てる!」と信じて。

広告を非表示にする