天才シンガーソングライタークリエイターラッパーブロガーコンビニ店員のブログ

ショート・ローリングストーンでITUNES他で配信中!!

『結婚』は無意味だからこそロマンがある。

 最近、『結婚』したいなと思いました。

(仕事もしてないのに)

スーパーに行って車に乗ってる子連れの家族を見たとき。

(僕は自転車)

 

『結婚』っつーのも、なんかいいなぁ。

ただの書類上の契約ではあるけど

やっぱりなんかロマンがある気がする。

 

無意味だからこそ意味があって

無意味だからこそロマンがある。

 

家族になろうよ

 

一方でモテて女の子と遊びまくりたい気持ちがあるが

恐らく今後そういうことはないだろう。

モテるモテないに関わらず

そういう性格になれない気がする。

 

 

あと最近また物を捨てるブームでして

小さい時から持ってるぬいぐるみとか

学生時代の教科書とか

とりあえず捨てられる物からちょっとずつ捨ててるんですね。

 

僕の子供ではないけど、もう次の世代が生まれてるし物を捨ててると「大人になるとはこういうことか!」って思うんですよ

大人になるって「捨てる」ことじゃないかと。

物理的な物以外も捨てること。

 

結婚するってことも書類上の契約だけですけど

他の女の子と遊ぶ選択肢を捨てて責任を負うってことですからね。

そういう風に考えると『自由』とは何かってことも考えるんですよ。

「結婚という制度はリスクが大きいから変えた方がいい」

みたいな意見も最近よく言われますが

何の縛りもない『際限のない自由』って

果たして面白いんだろうか?って。

 

つまり、生きること自体が無意味なのだから

『意味』を追求していってしまうと死にたくなるので

だからこそ意味のないことで自分に枷をはめるというか。

 

そっちの方が楽しく生きられたりすんじゃないかなと

思ったり

 

思わなかったり

 

ラジバンダリ。

 

あー歳取ったな。

広告を非表示にする