読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天才シンガーソングライタークリエイターラッパーブロガーコンビニ店員のブログ

ショート・ローリングストーンでITUNES他で配信中!!

僕、京王線、泣く。

昨日はUberの登録会に行ってきました。

 

説明しよう!

Uber』とはシャレオツな店の料理を

暇なときに運んで金を貰う仕事である!

 

簡単に岡持ち代行業

 

 

しかし面白いのはUberに所属をするわけではなく

殆ど個人に委ねられてるところ。

登録者はエリアに入って暇だったらボタンを押して

依頼があったらシャレオツな料理店に行って

恵比寿とかでストールを巻いているオシャレなOLに届けるという

未来っぽい仕事なのだ!

 

このバカでかい鞄(左)を自分で管理させられる。

 

f:id:syoto1988:20170203080707j:plain

 

しかし僕には自転車がなかった( ^)o(^ )

レンタル自転車もあるよって聞いてたけど

そんなに安くなかったし。

 

そんなことを考えながら喫茶店でバイトを探す。

四時間くらい。コーヒー一杯で粘る。

 

何故か寂しさが襲ってきて

僕は帰りの京王線で泣く。

 

ホームシックとかでは全然ない

シェアハウスに戻りゃ誰かいるし。

 

もっと新しい人に逢いたいと思った。

 

この寂しさは僕の物でなく

みんなの物である。

 

僕は世間の寂しさを癒さなければいけない

勝手にそういう使命感を持っている。

 

僕は気付いた。
僕は誰にも知らないないような場所で萎れている花に
水をあげるようなことがしたいんだと。
それをすることによって僕が癒される。

 

だから仲間とかいらないし複数人でいると喋らない。

和気あいあいとしてたり

仲間と楽しそうなことしてる人に興味がない。

 

簡単に言うと「孤独な人」だ。

そういう人の心の琴線に触れたいというところに”目的”があり

それが歌であろうがお笑いであろうが絵であろうが

なんでもいい。

 

昨日書いたフィレンツェで出逢ったA君のような感じで

人と出逢いたい。

別に彼が孤独かどうかは知らないが

誰にも言わずに来たとか、そういうのが好きで

物理的に一人になってる人と喋りたい。

友達とか少なそうな人。

 

 

「あ~仕事帰りスーパーの袋を抱えて歩いているOLを抱きしめてあげたいな~」

そんなことを考えて駅前に突っ立ていると

一人のばあちゃん(多分60代後半から70くらい)

が道を尋ねてきたので

暇だったからついて行った。

 

話を聞いてみると

なんと!!

おばあちゃんは看護師で

夜十時くらいから朝八時くらいまで在宅看護に行くという

最近の、ばあさんは元気だ。

 

僕は思わずキスするところだったが

太ももをつねることにより自制心を保った。

頑張っておばあちゃん。

 

とりあえずチャリンコでも買うか。

 

じゃあ、またね。

広告を非表示にする