天才シンガーソングライタークリエイターラッパーブロガーコンビニ店員のブログ

ショート・ローリングストーンでITUNES他で配信中!!

真面目に仕事してる奴はバカ!

こんにちは!

 

出会い系アプリで連絡してた女の子が

退会していました(^^)

 

LINEIDを渡した女子からも返事がきません(^^)

 

天才シンガーソングライタークリエイターラッパーブロガー出会い系男子

ショート・ローリングストーンこと

しょーちゃんです☆彡

 

 

バーで歌うのでコンビニバイトを辞めようと思って

コンビニの店長にメールしたが

アングラに詳しい友達に相談したところ

そのバーはあまり近づかない方がいいのではないか?

とアドバイスをされて僕も納得しコンビニを結局続けることにした。

まぁそういうことです。

 

コンビニの店長も一日での前言撤回を許してくれた(笑)

 

 

しかしコンビニで働いてて最近思うのが

 

みんな真面目すぎっ!!

 

何をそんな真面目に仕事してんだよ!!

馬鹿じゃないのか!!

 

もっと適当にやれよ!!

 

 

「適当 程度などが、ほどよいこと。また、そのさま。」

 

 

日本人がよく生産効率が悪いとか言われているが

なんでか教えてやろーか?

真面目すぎんだよ!

真面目すぎるから効率が悪いんだよ。

 

言われたことを全部やろうとするから。

掃除しなさいって言われると、毎日そこを掃除する。

でも本来、「汚れてたら掃除する」それが正しい。

 

「掃除」というのは「手段」であって

「綺麗」にするという「目的」のため、ひいてはお客さんに来て商品を買ってもらうという「目的」のためであって

いつのまにか逆転して「掃除」というのが「目的化」しているということがよくある。

 

 

正直コンビニの仕事とかそんなに面白くもないし眠いし

だからこそもっと遊ばなきゃ!

 

せっかくめんどくさいことは機械がやってくれてんのに

なにを真面目にやってんだよ!

寧ろ今後どんどん真面目にやることは機械に取って変わられるぞ!

 

圧倒的に遊びが足りん。

この世界。

 

特に日本人は責任感が強すぎる。

責任感が強いってことは

逆に自分で責任を取りたくないんだと思う。

 

 

僕は「教育」なんかに期待したことがないが一つ思うことがある。

 

「自分でやることには自分で責任をとる」

 

という体験がやはり日本人には少なすぎるんではないかと思う。

親とか学校とか教師とか会社とかではなくて

自分で責任を取るという体験。

だからブラックバイトも辛い仕事もやめられない。

 

ルールとかではなくて自分で判断するという思考訓練。

その分、自由を与える必要があるが。

 

 

つまりこれは落合野球である。

みんな落合博光の「采配」を読め!

 

「日本人は何故、落合博光がなぜ嫌いなのか?」

みたいな本もあったが

要は日本人は自分で責任を取らされるということに慣れていないし

それが恐怖なのだと思う。

それは宗教がないとかいろいろ原因があるとは思うんだけど。

 

ともかく

自分で責任を取るということは

何も会社や上司に何も責任がないということではなくて

選手(部下)が自分で責任を取るからこそ

監督(上司)も自分で責任を取るのだ。

 

例えばテロリストに捕まった人がいたときに

「自己責任だろ」なんて冷たいことが言えるのは

逆に言うと普段から「自己責任」で生きてない証拠なわけだ。

 

 

そんで、ちょっと話は戻るが

真面目な人の何が嫌かっていうと

「私はこんなに辛い思いまでして働いているのに、なんであいつはタダ飯を喰らってるの!」

とかそういう思考になるわけだ。

「私は頑張ってるのに、ずるい」

それが生活保護者に対するヘイトの集まり方。

 

そういうことは他の場面でも多々ある。

 

でも僕らは自分で選択して自分で責任を取って生きられるんだよ。

そのくらい自由があるんだよ。

 

だから真面目に生きてんじゃねー!

真面目に生きなくていい。

 

もう僕なんか最近

真面目に音楽やってる奴とかバカじゃねーか?

と思うようになった。

 

何を真面目に練習してんだよ!

真面目にお笑いしてる奴とかバカ。

 

誰かに合わせるな

自分が楽しそうに生きろ。

 

じゃあ、またね。

広告を非表示にする