天才シンガーソングライタークリエイターラッパーブロガーコンビニ店員のブログ

ショート・ローリングストーンでITUNES他で配信中!!

名作マンガ『さくらの唄』を読む

最近『さくらの唄』っていうマンガを読みましてね。

これはサブカル方面で名作と言われてるマンガでして

僕的にはそこまで激賞するほど面白くなかったんですが

このマンガの最後に書かれている

 

 

f:id:syoto1988:20170126233236j:plain

 

「最初から自分信用してやればよかったのよ」

 

というセリフにはグッときましたね。

その通りなんだよ。

この世の中にある恐怖やシニカルの原因は

常に己の内にある。

 

なんか僕の大好きなマンガの『寄生獣

のラストシーンを思い出しました。

 

f:id:syoto1988:20170126232129j:plain

 

「それは新一くん…きみが新一君だから」

 

つーか『寄生獣』でも要はそういうことを言っていたのね

と『さくらの唄』を読んで気付かされるのでした。

 

また『寄生獣』がうまいのは

ミギーはカタカナの「シンイチ」なんですよね。

他人から見える『自分』が『自分』である。だからこそ自信を持て。

と僕はそういう風に解釈しました。

広告を非表示にする